ご葬儀の流れ

1STEP

病院へのお迎え


ご逝去のご連絡があり次第、寝台車にてお迎えに参ります。お迎えの時間は担当の看護師にご確認ください。
その時間をお伺いしたうえで、到着予定時間をご連絡させていただきます。

その際には、

1.病院名
2.病棟・部屋番号
3.故人名
4.連絡先(諸事情により到着が遅れるなどのご連絡をさせていただくため)
5.お帰り先(自宅・弊社ホールもしくは安置所)

をお聞かせ下さい。

2STEP

ご安置・枕飾り


ご自宅にご安置されますときは、お布団・ベッドどちらでもご安置できます。
ご自宅では敷布団枕・掛け布団をご用意していただく必要があります。
その際、ドライアイスなどの御遺体処置もさせていただきます。
またご宗旨に沿いました枕もとのお飾りをいたします。
安置所にご安置の際にはお棺にてのご安置になることもございます。

3STEP

打ち合わせ


ご安置後、葬儀に関する打ち合わせを行います。
どのようなお別れをなさりたいのかご要望をお伺いして、葬儀内容の提案・見積もりをいたします(事前相談にて見積もり済みの方には、変更点などがないかご確認をさせていただきます)。
この時点でご希望の日程をお伺いしますが、式場や火葬場の空き状況、また菩提寺がある場合には僧侶の予定などを考慮に入れて、スケジュールが決定します。
この時点でご用意いただきたいものは、死亡診断書・遺影写真を作成するための原板の写真(メモリでも可)・死亡届の届出人になられる方の三文判をご用意ください。

4STEP

ご納棺


基本的にお通夜の前に故人様をお棺に納めさせていただきます(状況もしくは地域の慣習により、変わる場合もございます)。
湯灌の儀をご希望の場合は、湯灌終了後にご納棺となります。
その際には故人様が生前好まれてお召しになられていました和服、洋服または愛用品などをお持ちください。
服装に関しましては、故人様の状況によりお気に召された服装にお召し変えさせていただき、ご納棺させていただくことは可能でございます。
また、愛用品(副葬品)は燃える物に限らせていただきます。
品物をお持ちいただき、担当者にお聞きください。

5STEP

お通夜


お通夜は18:00もしくは19:00から通夜法要というのが一般的ですが、お勤めいただく僧侶や宗教者の都合、弔門してくださるご親族のお集まりいただきやすい時間帯などを考慮して上で、お決めいただくことが良いのかもしれません。
ただ公営斎場(式場)などではお通夜の始まりの時間を指定しているところもあるので、よく打ち合わせしたうえでお決めいただいたほうがいいでしょう。
お通夜とは本来、夜を徹して故人と付き合うという儀式でしたが、最近では21時くらいを目安にしてひと段落されることが多くなりました。
また御弔問いただく方々もかつてのようにごく親しい人だけではなく、告別式に出席できない一般の弔問者が出席することが多くなりました。

6STEP

通夜振る舞い


御弔問の方々にお礼の気持ちとして、お通夜の後酒食のもてなしをします。
通夜振る舞いの料理は肉や生ものを使わない精進料理が本来の形ですが、最近ではあまりこだわりません。
寿司・サンドウィッチ・オードブルなどをご用意します。

7STEP

葬儀・告別式


お通夜と同じく、ご宗旨に沿いました式が執り行われます。
式が終了しましたら、お花を故人に手向け、お別れをします。
葬儀・告別式が終わられましたら、喪主様・あるいはご親族代表のかたより御挨拶があり、その後出棺をなります。
ご親族様により、お棺を霊柩車へとご乗棺のお手伝いをしていただきます。

8STEP

火葬


火葬場へ同行される方々はマイクロバス・ハイヤー・自家用車などで移動しますので、あらかじめ人数を確認して移動する車を伝えておきます(火葬場併設の場合は必要ありません)。
ご指定のお車にて火葬場へ、そして茶毘にふされます。

9STEP

精進落とし


茶毘にふされている間に、式場もしくはご指定の料亭にて、精進落としを行います。
灰葬(御骨上げ)の時間になりますと、火葬場へとお出ましいただけます。

10STEP

初七日・後飾り


灰葬からお戻りいただきますと、最近は初七日法要まで執り行われます。
その後、ご自宅にもどられてから七七日(49日)までの後飾り祭壇を設置し、御遺骨を安置します。