自宅葬

通夜・告別式など葬儀を慣れ親しんだご自宅で

セレモニー寂光は、かつて普通であった、ご自宅での葬儀のお手伝いをしております。

セレモニーホールや会館などで行われる葬儀が「一般葬」と言われるのに対し、自宅で行われる葬儀を「自宅葬」と言います。

故人様が長年慣れ親しんだ場所、家族との思い出がたくさん詰まった場所で、気兼ねなくゆっくりとお別れのときを過ごしませんか。

自宅葬プランの詳細に関しては、こちらのページをご確認ください。

こんな方におすすめです

時間を気にせず故人と過ごしたい

自宅葬であれば、時間を気にせず最期のお別れができます。

一般的なセレモニーホールの場合、施設の開館時間に合わせて滞在できる時間が限られていることがありますが、

自宅での葬儀であれば、制限なく過ごすことができます。

リラックスして葬儀を行いたい

一般的なお葬式の場合、人数が多ければ多いほど、さまざまな人に気を配る必要があり、遺族の負担は大きくなりがちです。

自宅葬であれば、家族や近い親戚など、気の知れた人たちだけで行うことができるので、常にリラックスしたムードでお葬式を進めることができます。

同じ会社というだけの関係性の人や、故人とは面識のない知り合いの子どもなど、多くの人に接待する必要もないので、時間を気にせず、ゆっくりと最後のお別れをすることができます。

式場の費用を抑えたい

一般的なお葬式の場合、通夜、告別式、火葬などの費用のほかに、会場の利用費用が発生し、料金は大きく異なります。

しかし、自宅で執り行うのであれば式場などの会場費用は一切かかりません。

さらに、一般葬だと会食費用がかかりますが、自宅葬であれば会食をなしにすることもできます。

葬儀に関するルールにしばられず自由に行いたい

葬儀には形式化されたルールや礼儀作法があります。
また、地域によってもしきたりなどが異なるため、思わぬことでルール・マナー違反を犯してしまうことがあるかもしれません。

自宅葬であれば、そうしたルールを気にせず、基本的に喪主が自由に進めることができます。
参列者も、身内など限られた人になるため、一般葬のように細かいことを気にせず執り行うことができます。

自宅葬プラン